社畜サラリーマンの投資ブログ

電子決済の今後について

time 2017/09/17

こんばんは!ひろふみです。
今日は私が今一番注目している電子決済についての内容です。
フィンテックやビットコイン、ApplePayの登場で注目度が高く
既にいろんな方が関連銘柄に関して、ブログで取り上げていますが
少し物足りないと感じたので、自分で調べた内容を記事として残しておきます。

 

電子決済とは

電子決済とは簡単に言うと、ネットワークを使って

現金ではなく、電子的なデータをやり取りして、商品の売買を行うことです。

クレジットカードでの支払いや、PiTaPaやSuicaでの電車賃の支払いが電子決済です。

 

スポンサーリンク

日本で利用されている電子決済

電子決済と聞いて、皆さんがすぐ頭に浮かぶのはクレジットカードかと思いますが

実際、電子決済と言われているのは、もちろんクレジットカードだけではありません。

一度ここで、電子決済と言われるものが、どれくらいあるのか見ておきましょう。

※()内は一例です。その他にもいろいろ存在します。

■電子決済一覧
・クレジットカード(visaカード masterカード jcbカード 銀聯カード)
・デビットカード (visaカード、jcbカード)
・電子マネー   (先払い:プリペイドカード 後払い:QUICPay)
・ネットバンキング(ゆうちょ、三菱UFJ、三井住友)
・コンビニ決済
・ATM決済
・ApplePay
・仮想通貨    (ビットコイン)
 私が調べただけでも、以上の電子決済が存在します。
昔から存在するクレジットカードから、最近出てきて注目を集めている
ビットコイン等の仮想通貨まで、電子決済というのは数多く存在します。
 ApplePayはクレジットカード等を登録して使うので
1つの決済手段と言っていいか微妙な所ではありますが
電子決済の利便性を大きく上げた貢献から、これも1つの決済手段としておきます。

日本の電子決済利用率

電子決済の方法が多岐に渡って存在しているということは

上記の内容で知っていただけたと思いますが、実際にどれくらい

電子決済が日本で利用されているかというと

現金に比べれば、かなり低い割合となります。

以下は2015年の決済手段のグラフです。

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin


※ (出典:カード・ウェーブ/電子決済研究所/山本国際コンサルタンツ「電子決済総覧2015-2016」)

まだまだ現金が多く、全体の80%(231兆円)を占めています。

続いてクレジットカードが16%(47兆円)

プリペイドカードが3%(8兆円)

デビットカードが0.3%(0.7兆円)という数字になっています。

 

また、個人消費における決済手段の割合においても

日本では現金の割合が多くなっています。

以下、2015年の個人消費の決済手段のグラフです。

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

※(出典:「クレディセゾン社決算資料」)

現金が全体の約半部の50%を占めており

振込・口座振替’が続いて約20%

クレジットカードが約16%

プリペイドカードが約5.6% デビットカード約0.2% その他8.7%と続いています。

(具体的な金額は見つけることが出来ませんでした・・・)

 

こういった現金至上主義のような傾向にあるのは先進国において日本ぐらいです。

そのことがよく分かる、資料をVISAが作成していたので、ここでその内容も紹介します。

以下、VISAが調査した個人支出に占めるカード支払いの比率(2016年)です。

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

※出典:「VISA」

日本が 17%に対して、一番利用比率が高い韓国は73%と約4倍もの差がありますね。

インドはまだまだ、発展途上国と言えますのでいいとしても

他の国々と比べるとカードでの支払い比率が低いことが分かりますね。

こう見ると日本は確かに低いですが、韓国は逆に高すぎる気もしますね

今は日本の現状なので省きますが、どうして韓国がこんなにもカード比率が

高いのか調べると面白そうですね!

 

因みになぜこんなに日本のカード比率が低いかVISAの見解では

「治安がよく、現金を持ち歩いても安全であること」

「ATMが多いため、どこでも現金を引き出すことが出来ること」

「自動振替や振込の仕組みが整っていること」

以上のことから「電子決済に必要性を感じない人が多いのではないか」

という見解らしいです。

 

確かに電子決済の必要性を感じることは少ないですかね

しかし、それだけではなく、日本人の意識も大きくあるでしょうね。

日本では「借金=悪」という考えがありますが

クレジットカード=借金」と結びつける考えもあるので

クレジットカードは使うべきものではないという意識が根付いていると思います。

テレビでもよくクレジットカードの使い過ぎで、借金が膨らみ

借金地獄から抜け出せない人を特集したりするので

そういったクレジットカードの怖い部分しか見れていないのでしょう。

 

以上が日本における電子決済の現状です。

 

電子決済の今後

電子決済の取り扱いにおいて大きな後れを取っている日本ですが

今後、電子決済がどのようになっていく予測になっているのか

見ていきましょう。

 

電子決済は今後、大きく成長する可能性大

上記で日本は、他国に比べ電子決済比率が低いと書きましたが

これは、裏を返せば、まだまだ成長の余地ありということが言えます。

現に、電子決済の市場規模は年々増加しています。

以下は、クレジットカードのショッピング利用額の推移を現したグラフです。

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

※(出典:日本クレジット協会)

これは、国内のクレジットカード会社が発行したクレジットカードを利用して

消費者が利用した額を表しており、年々約50億円増加し続けています。

 

さらにクレジットだけでなく、プリペイドカードも

利用金額が増加傾向にあります。

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

※(出典:日本銀行 決済機構局)

プリペイドカードも年5億円の成長を続けていることがこのグラフで分かりますね。

 

また、先ほどの「日本の決済手段」のグラフでのデータを調査した

カード・ウェーブ社では、2020年の電子決済が以下のようになると予測を立てています。

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin


※出典:(カード・ウェーブ/電子決済研究所/山本国際コンサルタンツ「電子決済総覧2015-2016」)
この調査予測では2020年には

現金が71%(204兆円)

クレジットカードが23%(65兆円)

プリペイドカードが6%(16兆円)

デビットカードが0.5%(1.4兆円)になると予測しています。

現金比率が少し下がって、他の電子決済が上昇してくるといった内容ですね。

 

これは、あくまで予測なので、将来どうなるか分かりません。

しかし、過去のクレジットやプリペイドの利用額の増加傾向を見る限り

今後も上昇傾向にあることは言えるでしょう。

また、他にも仮想通貨やATMの利便性向上で他の電子決済も

台頭してくる可能性もあります。

 

さらに、電子決済の成長を語る上で外せないのが外国人旅行客の存在です。

近年、訪日客は増加傾向にあり、多くの外国人が日本で買い物をしています。

その際に利用するのは現金よりクレジットカードが多いと言われています。

上記のVISAの調査結果より海外の方はクレジットカードの利用が多いですし、

実はVISAはカード支払い以外の調査以外にも、訪日客に対して「東京」の評価に関する

調査も行っており、「交通」と「食事」の項目は他の先進国と同等か上をいく評価に対して

「支払い」の評価が低評価となったという調査結果を出しているんですね。

これはまだまだ、現金しか対応していない所が多くあるということで

これでは、せっかくの訪日客の消費機会を逃してしまいます。

もちろん日本の経営者方は、そんな状況を許すはずもなく

今後、電子決済のインフラ事業が増えてくるはずです。

国内の電子決済のインフラの発達に伴い、利便性が向上すれば

訪日客だけでなく日本人の利用も増えてくる可能性だってありますね。

 

さらに電子決済の成長で最も見逃してはいけないことが

電子決済が「国策」であるということです。

2014年に発表された「成長戦略」では、電子決済について以下の記述があります。

・2020 年オリンピック・パラリンピック東京大会等の開催等を踏ま え、キャッシュレス決済の普及による決済の利便性・効率性の向 上を図る。このため、訪日外国人の増加を見据えた海外発行クレ ジットカード等の利便性向上策、クレジットカード等を消費者が 安全利用できる環境の整備及び公的分野での電子納付等の普及 をはじめとした電子決済の利用拡大等について、関係省庁におい て年内に対応策を取りまとめる。

「日本再興戦略」改訂 2014-未来への挑戦-

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/pdf/honbunJP.pdf

 

このことから、国が電子決済社会に向けて本気であるということが分かりますね。

 

以上のことから、電子決済市場は今後も成長(大きく成長)すると十分言えるでしょう。

 

電子決済市場において今後最も力を入れるべき課題

いくら「国策」や様々な企業が力を入れていっているといっても

それに日本の国民が付いてこなければ、大きな成長は望めません。

それを考えた上で、対応しなければいけない課題は

電子決済の安全性です!!

電子決済ですから、お金のやり取りを機械がネット上で実施します。

となると、情報セキュリティがしっかりしていなければ

個人情報の流出、カードの不正利用等の被害が発生します。

特に近年、個人情報に関しては厳しさが増しており

ひとたび個人情報を流出させてしまうと

企業の信頼が大きく損なわれることになり、

会社存続も危ぶまれる事態になりかねません。

特に日本の情報セキュリティは海外に比べて遅れています。

消費者が安全・安心に使っていただくためにも

セキュリティの強化は必須事項なのです。

 

電子決済関連銘柄

最後に私が狙っている電子決済銘柄に関して少しだけお話いたします。

あくまで、お勧めではなく、私自身がこの会社はいけそうだと

独断と偏見で見ている会社です。

投資は自己責任ですので・・・

インテリジェント・ウェイブ(4847)

私が最も注目している企業であり、持っている企業でもあります。

カード決済システムの首位であり、かつイスラエル製のセキュリティパッケージを

販売している同社は大きな成長を望めるのではないでしょうか。

7万円台で買えるのも魅力的です。

懸念事項は不採算案件の発生ですね。

 

ビリングシステム(3623)

この銘柄は今更かよって思う人が多いと思いますが

電子決済の大本命と言える銘柄ですね。

様々なブログで紹介されてました。

スマホ決済分野に注力しており、『PayB』は銀行の提携が拡大し絶好調です。

また中国版ラインの「We Chat」や銀聯にも対応していく予定というので

これは強すぎとしか言いようがありません。

「We Chat」、銀聯と手を結んでしまえば中国を制覇したと言えますからね。

懸念事項は株価が既に高いということでしょうか。

1単元70万円台は手が出ないです。

これが今後の電子決済の成長を織り込んでいなければ

株価上昇もあると思います。

 

NTTデータ(9613)

クレジットカード利用が増えれば、一番儲けが出る企業ではないでしょうか。

クレジットカード決済システムのCAFISは国内のほぼ全てのクレジットカード会社

金融機関、ノンバンクと接続されており、カード利用が増えれば

自然と利益も押し上げられていくでしょう。

懸念事項は出てこないですね。

 

フライトホールディングス(3753)

一時仕手株化しており、今は落ち着いているフライトホールディングスも

電子決済の本命ですね。といいますか電子決済銘柄として急に出てきて

仕手化してしまったんですよね・・・

ただ落ち着いて株価が下がっている今が好機かも知れません。

モバイル型端末は好調ですし、今後の運用の仕方で

利益を出し続けることも可能になるのではないでしょうか。

懸念事項は今のモバイル端末を継続的に活かしていけるかでしょうか。

ラック(3857)

上記でも述べましたが、電子決済の更なる普及には情報セキュリティの強化は必須です。

特にラックは情報セキュリティに強く、現在も情報セキュリティ分野の強化を続けています。

また、利益も順調に伸びていることから将来性はあるかと思います。

懸念事項は先行費用が大きく減益になってしまうことでしょうか。

次回の決算がどうなるかも注目ですね。

 

ビザ[V]

大本命と言えば大本命ですね!

日本の会社なんてちっぽけな存在になってしまいます。

世界一のクレジットカード会社です。

カードの発行枚数は全世界で30億枚と世界一で

利益率も60%という驚異の数字をもっており

潰れることはほぼ、ありえないぐらいの会社ですね。

もちろん電子決済が日本でも普及したらその分

ビザの利益にも直結します。

米国株なので、やっている人は少ないかもしれませんが

是非とも買っておきたい銘柄だと思います。

因みに私は持っています。

 

マスターカード[MA]

ビザに引き続き世界二位のクレジットカード会社です。

こちらもビザと同じで利益率が高く、非常に安定している企業です。

資金に余裕がある方はこちらも抑えておいたら万全と言えるでしょう。

因みに私はビザで手一杯で持っていません。

おまけ(カード発行会社)

クレジットカードやプリペイドカードの利用が増えるなら

カード発行会社が一番儲かるんじゃないかと思いますが、現実は甘くなさそうです。

以下は、クレジットカードの契約数を表したグラフです。

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin


※出典:「日本クレジット協会」
グラフの作り上、大きく伸びているように見えますが

実際は1、2%の伸びしかありません。

これは何枚もクレジットカードを持つ人が、そうそういないためだと思われます。

私もそうですが、クレジットカードは一枚しか使っていせん。

なので、いきなり契約者数が大きく伸びて、利益が倍増するといったことは

あまりないかと思われます。

また、日本は人口減少中なので長期的な目線で行くと

契約者数は減少していくかもしれませんね。

ただ、電子決済の利便性が上がって

一人当たり利用頻度が上がれば、利益を大きく押し上げるでしょう。

ただ、電子決済システムの会社より期待は薄いのではないでしょうか

あちらは海外からの利用客も取り込めるのでね。

 

以上、私が気になっている銘柄たちでした。

電子決済関連の銘柄は、上記5銘柄以外にも

たくさんあるので、気になったかたは調べてみてください。

 

まとめ

以上で電子決済に関しての考察は終わりです。

私的にはやはり、まだまだ成長性のある分野だなと思うので

気になった銘柄はチャンスがあれば拾っていきたいと思っています。

皆さんも興味が湧いてきましたら、どんどん調べてみて下さい!

この記事がでた次の日には、また別の情報が出てきているかもしれませんよ。

私も新しいことが分かればこちらに追記していきます。

では、ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

応援よろしくお願いします!!


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

down

コメントする




お小遣いサイト

ふるさと納税

プロフィール

はじめまして。ひろふみです。このブログは投資、ポイントサイト、クラウドソーシング等、管理者が好きな副業に関して書いていくブログです。

Amazon

ポチっとお願いします。

ブログ村ランキング参加中



スポンサーリンク