社畜サラリーマンの投資ブログ

事務職は激戦区!!【転職⑧】

time 2018/04/15

こんにちは!
車に乗りたくないという理由で
外回り(営業)の仕事を避けている
管理人のひろふみです(´_ゝ`)

皆さんは仕事を探すとき
自分が好きな仕事、能力を活かせる仕事、楽な仕事等
やりたい仕事を決めて探しましたか?
それとも、機械を使う仕事は嫌だ
外回りの仕事は嫌だ、土日が休みじゃないのは嫌だ等
やりたくない仕事・条件を外して探しましたか?

私は、「要普通免許」の条件が、求人に載っている
仕事は全て、今回の転職候補から外しました。
お恥ずかしいことに、私は免許を取得してから
5年間一度も車を運転したことがありません。
そして今後も出来るだけ、車から離れた生活をする予定です。
一生車を運転せず、天寿を全う出来たら万々歳です。

という訳で、車を運転しない仕事といったら
まず思いつくのが「事務職」です。
広報・経理・総務・法務や営業事務・貿易事務・一般事務など
基本社内で仕事をして外に出るといったらお昼ぐらいの職種です。
(※事務でも時には運転免許が必要なときもあります。)

スポンサーリンク

事務職人気は異常値

私も事務職をやりたいと思い
転職活動を行っていますが
事務職は超絶人気で倍率が高い!
人手不足なんて、この職種には関係ないですね。
一般的に事務職は楽と言われていることや
事務職を派遣社員でまかなう企業が
多くなっていることから、正社員の求人が少ないことも
事務職の倍率が高くなっている原因だと思います。
私が法務職で受けた企業も1名の募集に
幅広い年代から50人以上来たそうです。。。

男性事務職は狭き門

事務職倍率の高さに拍車をかけているのが
男性の事務職志望もあると思います。
最近では男性も事務職を希望している人が多いですよね。
私の周りも転職するなら何をしますか?って
いろいろ聞きましたが、経理とか総務とかの
事務職がいいという男性多かったです。
皆システムエンジニアなんだけどな・・・・・

事務職は女性の仕事という古き考え

単に、男性の志望者が増えたから男性にとって
狭き門とは言えません。それだと女性も同じだから。
なぜ男性事務職は狭き門かというと
事務職は女性の仕事と考えて、
最初から男性を採用しない企業もあるからです。
特に大手企業にその傾向が強そうです。
なぜかというと、求人広告に女性しか載っていないから!!
転職サイトに載ってる求人は少なくとも1枚
その企業の宣伝広告が載っています。
職場や先輩の顔、仕事風景など様々ですが
事務職の求人で先輩女性社員しか載っていない場合
女性しか採用しませんよっていう意志表示なんです!
(※あくまでも個人の主観ですm(__)m)
私も綺麗な女性先輩社員の下で働きたいと思い
2社ほど履歴書を送りましたが、無残にも
書類選考で落ちるという結果に終わりました・・・・

経理職は男性が受かる可能性大

では、全てにおいて男性が
不利かというと、そうでもないようです。
これは転職エージェントで聞いた話ですが
唯一男性の方が受かる可能性が高い
事務職があるようで、それが経理です。
経理は、事務ではありますが
経営者と同じ視点での仕事を求められることや
後の経営者候補という考えから
男性の方が採用される可能性があるらしいです。
それでも多くの方が受けるので、
簡単ではないことに変わりありませんがね。。。

まとめ

以上、事務職における転職市場の状況でした。
少し個人的主観が入りましたが
事務職の競争倍率が激しいことは
今回の転職活動で思い知りましたので
あながち間違いでもないと思います。
それでは、よき転職活動を!!

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

down

コメントする




お小遣いサイト

ふるさと納税

プロフィール

はじめまして。ひろふみです。このブログは投資、ポイントサイト、クラウドソーシング等、管理者が好きな副業に関して書いていくブログです。

Amazon

ポチっとお願いします。

ブログ村ランキング参加中



スポンサーリンク